”介護を楽にする”起立・座位補助装置

第30回 国際福祉機器展 H.C.R. 2003 に出展 (2003.10/15〜17)

入浴時、寝具からの寝起き、車椅子やポータブルトイレの起立・座位や、ベッドからの移乗またはトイレなど、一般的な生活動作に関連するあらゆる場所で、起立・座位動作をアシストする装置です


発明者よりメッセージ

脳梗塞のため半身麻痺・言語障害になった母の介護 そして足が立たなくなった義父の介護に携わりました。
ヘルパー1級の資格はもっているから介護のコツは判っているものの やはり腰痛に悩まされ 介護の大変さは身にしみています。
機械設計をやっていた経験から 何とか高齢者の立ち座りを補助できる装置を作れないものだろうか・・と頭をひねり 私としては理想的な装置を考え付いたと思っていますが これより先は専門の方にお任せして より良い形と機能で 世の中の高齢者およびハンディキャップがある方のお役に立つものに仕上げていただきたいと願っています。
そのため 企業において充分な開発・展開を行っていただけるよう 思いつく限りの実施例を盛り込み 尚且つ強い権利主張が出来るよう練り上げて出願しています。

介護者の負担が減ること
介護される人の負い目や羞恥心などが軽減されること
リハビリ効果があって 高齢者の自立につながること
介護経験の有無や経験度に左右されず 誰にでも使い易いこと
大掛かりな 改造工事を施さなくても設置でき あらゆる生活シーンで使えること
これらを意識して追求した装置です。詳細はお気軽に下記へお問合せください。

連絡先:妹尾淑子(発明ふぁいる管理者)
(〒636-0237) 奈良県磯城郡田原本町小阪248-11
TEL/FAX:07443-2-8805
E-Mail:info@hatumeifile.com

 

登録特許(特許4497397)の権利範囲
<【権利譲渡・実施許諾】権利譲渡・実施許諾の受付中>

【請求項1】
利用者が把持する把持部材と、該把持部材を移動させる駆動部と、該駆動部または装置設置位置より該把持部材の把持部までの位置を調整する調整部を有し、該調整部で調整された位置にて、該把持部材を利用者の片横側からの支持体にて円弧または曲線に駆動して移動させる起立座位補助装置。

【請求項2】
利用者を座位から起立状態に移行する場合は、該把持部材を該利用者より前方上部へ移動させ、または、利用者を立位から座位状態に移行する場合は、該利用者より手前下部へ該把持部材を移動させる、少なくともいずれか一つの移動を可能とする請求項1に記載の起立座位補助装置。

【請求項3】
前記調整部は、前記把持部材と前記駆動部の間に設けた支持体との挿着により、把持部材と支持体の連結長さを伸縮させて、調整する請求項1または2に記載の起立座位補助装置。

【請求項4】
前記駆動部は交合するギアの回転軸と、前記回転軸を回転させるハンドル部で構成され、前記ハンドル部の操作により回転軸先端に設けられた前記利用者が掴む把持部材を直線または弧状など予め設定された動きで移動可能とし、前記利用者を立位および座位に移行させる請求項1または2に記載の起立座位補助装置。

【請求項5】
前記駆動部でハンドル部と連結する回転軸の交合部には、10対1以上の比率で駆動力を変換するウォームギアなど伝動機構で構成され、ハンドル部の操作で前記利用者の体重を支える構造の請求項1または2に記載の起立座位補助装置。

 

 

試作写真

第1回奈良県アイデアくふう作品展 県議会議長賞 受賞

【安心構造】 ギアのセルフロック機構が働くので 利用者の体重など
把持部材にかかる負荷で勝手に把持部材が上下することはありません
そのため 介護者が操作途中でハンドルから手を放すことがあっても安心

高齢者および介護者の 苦痛・事故などを軽減します


機械任せの入浴は情けない!


介護者の腰痛は職業病


できる事は自力でしたい・・・が 思わぬ事故に

 

入浴シーンでの利用 (手動式の場合)

介護者は片手でハンドルを回すだけ 利用者は把持部材を掴むだけ

介護者は無理な姿勢をせずに入浴者を立たせることができ 空いた片手でバスボードなどを浴槽の淵にセットして 立ち上がった入浴者を腰掛けさせることができます。

利用者は 手前前方に引き上げられることで自分の足で立ち上がり 座るときは臀部から降りる自然な姿勢で座れます。


握力の弱い人 足の踏ん張りが弱い人には補助具を併用することで安心!

浴槽の中空に 高さ調節可能な手摺りができるので 浴槽への出入りが楽になります


開発次第でもっと便利に!

電動スイッチで自己操作
リモコン操作や音声指示で動かす
    介護者不要でリラックスして入浴

把持部材を端に固定
   健康な家族の入浴に邪魔にならない

浴槽に組み込み式
   浴槽を跨ぐ足の妨げにならない

立ちやすい動作を追求できる
   ガイドレールで使い易い動作を求められる


 

寝具周りやトイレでも

ベッドでの寝起き
車椅子やポータブルトイレへの移乗に

和布団での寝起きにも

動作の一部で上半身を起こし
膝を立てて残りの動作で立つ

たたんでおけば壁際の手摺り
必要なときだけ出して稼動
家族と共有スペースを邪魔しない

移動式にしてあらゆる場所で

省スペースを快適に

 

とかく高齢者はベッドとポータブルトイレ・車椅子など限られたスペースで生活する場合が多くなります。

自分でできる事は自分でやりたい 健康なときのように暮らしたいという気持ちは誰しも持っています。

ちょっと手助けしてくれる自己操作の可能なもので自立できれば 省スペースを快適に過ごせます。

こんな人に便利です

  寝具から体を起こすだけのことで人を呼ぶのは申し訳ない
上半身の寝起きにふらついてベッド柵で頭を打つのが心配
立ち上がったとき足元が不安定でつかまる物がほしい
自力では腰が上がらないが 少し引っ張られると立てる
ベッド脇のトイレくらい自分ひとりで移動したい
健康な家族に気兼ねなく暮らしたい


考えられるメリット

介護事業において

○寝具からの寝起き,入浴介助など ヘルパーさんの負担・腰痛軽減に役立ちます。
○ベッドからの移乗,ポータブルトイレや車椅子への 起立・座位補助が楽になります。
○利用者の体重など負荷による動作の心配がないので 安心して入浴介助できます。
○訪問する各家庭の浴室に取り付けアタッチメントだけ設置しておき 介護者が装置を持参すれば 複数の家庭で利用でき 入浴介助が独りで行えるようになります。
○浴槽の湯の浮力も手伝って リハビリ効果があります。

高齢者施設において

○入浴介助の重労働,人手不足解消に役立ちます。
各施設では浴槽の個別化により体を支える人手・労力を減らし 大浴場での高齢者の転倒・沈没事故を防ごうとしています。また 個室化の需要で各居室に浴室を備えつつあります。
○この装置を居室の浴室に設置する,大浴槽の数箇所に設置して見守りを軽減できます。 
○寝具から体を起こす,ポータブルトイレを使うだけの呼び出し頻度が減ります。
○浴槽の湯の浮力も手伝ってリハビリ効果があり 筋力回復・バランス向上が見込めます。

役場等介護福祉において

○介護度4〜要介護くらい いわゆる寝たきり以外の方を対象に需要があります。
○高齢者に限らず ハンディキャップのある方,長期入院の方などにも便利です。
○家庭内での介護が楽になり 家族による家庭内介護が増えます。
○大掛かりな改造工事不要で設置でき 一般家庭にも普及が容易です。
○高齢者の自立に役立ち 独居家庭の生活向上に役立ちます。
○筋力回復・バランス向上・生活への活力につながり 高齢者の自立を促します。

製造・販売メーカにおいて

○既存の浴槽に設置,壁に設置,浴槽に組込みなど開発方式がいろいろあります。
○手動,電動,リモコン,音声指示など 操作方法の展開も可能です。
○浴室,トイレ,寝具周り,移動型など 用途別開発も多種あります。
○介護度4〜要介護くらい いわゆる寝たきり以外の方を対象に需要があります。
○大掛かりな改造工事が不要のため 一般家庭への普及が見込めます。
○既に製作された御社の介護用品に付加されることで 需要の拡大もあり得ます。