個人様への特許権利化支援

  出願や審査で費用をかけて、既に似た技術が存在したという無駄な出費の覚えはありませんか?
  企業への売込みが採用されず、貴方の権利を避けて似たものを商品化されたことは?
  特許事務所様に発明の意図がうまく伝えられず、活用できる権利に至らなかったことは?

 

当方では、出願人様の発明に対するお考えを理解し、開発される商品に活用できる出願内容を目指して尽力いたしております。

 

 

権利化支援の効果

先行技術調査の効果 (出願後)

 ・ 審査請求するかしないか判断するための情報提供。(審査請求費用が無駄にならない)

 ・ 請求項の補正が必要か判断するための情報提供。(請求項を見直し補正して審査を)

 ※出願後(審査請求前)の先行技術調査で、特許庁ホームページにて公開公報を閲覧できるものに限ります。

 

 

個人様への支援

 

 ・ 先行技術調査・・・ご出願が特許庁で公開公報になっている案件について、先行技術調査を行います。

    抽出先願が要求する請求項にどのように影響するか、請求項の差別化を検討した分析内容を示すことが可能です。

    審査請求するかしないかのご判断に、先願との差別化を明確にするためなど、貴方様のお役に立てることがあるかと思います。

  ※出願前の調査 ・ 中間処理支援 ・ 未公開公報に対する先行技術調査は、個人様には行っておりません。

 

◆アドバイザーの方針

審査前に先行技術調査を行うことは、先願との差別化を図り請求項を見直し、補正・分割の対処で権利化を優位に導くことが可能となります。

とかく最初の出願に記載する先行技術調査の引例は、発明を考えているときに『近いものを探して違いを書き込む』ことに専念しがちです。

しかしながら、実際に商品化を進めてきたり企業に売るこむためなど、『実際に活用可能な価値のある権利』は、出願時の請求項のままでは

目的を果たしていない場合が多々あります。

 

審査請求を体験された方ならご存知とは思いますが、特許庁から提示された拒絶引例が、『なぜ最初にこの先願に気付かなかったのだろうか』

『この先願のどこが自分のと同じなのか』 『なぜ審査官は違いがわかってくれないのだろうか』と、歯がゆい思いをされた経験がありませんか?

 

当方は、過去の知財部業務および特許権利化に関する技術アドバイザーの経験を基に、皆様のお役に立ちたいと願っています。

特許庁データベースでの先願調査は、日に数千件を超えるものを調査し、FI ・ Fターム ・ IPC分類も細かく検索調査を繰り返してきました。

守秘義務厳守はもちろんのこと、特許事務所様と立場が違うため、出願人様の立場やお考えおよび発明を充分に理解したうえで、

先行技術との差別化、権利化に近づけるアドバイス、出願人様と特許事務所様の意思疎通の落差を埋めるお役に立てるかと思います。

 

 

 

業務範囲と価格について

 

 ・ 個人様・・・・・・・・・・・審査前(公開後)の先行技術調査を行います。

                調査費用:5千円 (業務状況により調査請け負いの可否は当方の判断によります)

 ※全てに共通して、願書作成の代行は行いません。当方は、権利化支援アドバイザーとして情報提供を行うのみです。

 ※ご依頼をお断りする場合がありますので、お申し込み時に発明の詳細はメール等に記載しないでください。

  

お気軽にお問い合わせください

特許権利化支援アドバイザー : 妹尾静一(せのお せいいち)

   メール連絡はこちらをクリックで  

   アドバイザーのプロフール

  連絡先: 〒636-0237 奈良県磯城郡田原本町小阪248-11  TEL:0744-32-8805