法人様への特許権利化支援

  出願や審査で費用をかけて、既に似た技術が存在したという無駄な出費の覚えはありませんか?
  御社で開発される技術の特許出願が、商品を守れる権利にならず残念な思いをされたことはありませんか?
  情熱をかけた商品の特許出願が、特許事務所様に発明の意図が伝わらなかった経験はありませんか?

 

当方では、出願人様の発明に対するお考えを理解し、開発される商品に活用できる出願内容を目指して尽力いたしております。

 

ご希望がありましたら、直近10年間で特許出願100件以下の法人様(特許事務所をご利用の法人様)には、特許出願から権利化への内容が、

出願原稿 ・ 引用文献抽出 ・ 中間処理対応の内容に対して、第三者的に『過去の出願経過と対応に課題が埋没されていないか?』を、

無料で調べてご報告することも可能です。

過去の出願経過に問題点はなかったか? 今後の出願に求められる課題など、見えてくるかもしれません。

 

権利化支援の効果

 

先行技術調査の効果 (出願前、出願後) 

 ・ 審査請求するかしないか判断するための情報提供。(審査請求費用が無駄にならない)

 ・ 請求項の補正が必要か判断するための情報提供。(請求項を見直し補正して審査を)

  出願後(審査前)の先行技術調査を行い、抽出先願が要求する請求項にどのように影響するか、分析内容を示すことが可能です。

※出願(審査請求前)の調査は個人様も受け付けますが、出願の調査は法人様に限ります。

 

中間処理支援(法人様のみ)

 ・ 先行技術(調査結果)との差別化、最終商品(技術)が反映された請求項であるかなど、審査される前の手助け。

 ・ 中間処理のアドバイス、必要に応じて出願人様に同行して特許事務所様との打合せなど。(近畿圏の法人様のみ)

   法人様と特許事務所様との間に入る第三者として、発明に対する双方のズレを、目的の権利に向けて調整することが可能です。

 

この他、出願後に気付いた関連発明を追加したいときなど、国内優先権主張 ・ 分割出願 ・ 補正等、

どのような処理を行うのが良いか・・ 必要性と費用面、なにより発明を有効に生かせる方向のアドバイスなど行えるかと思います。

 

 

法人様への支援

 

 ・ 先行技術調査・・・出願前調査は他社の技術との差別化、および御社技術を明確に願書に盛り込む指針になります。

             ・・・審査前調査は現状の御社技術と請求項を見直し、補正・分割の対処法など権利化を優位に導くことが可能となります。

 

 ・ 中間処理のアドバイス・・・出願内容および先行技術(拒絶引例含む)を吟味し、権利化に近づけるようアドバイスいたします。

 

 ・ 特許事務所様との打合せ・・・御社発明に対するお考えを理解し、意図される権利部分を明確に特許事務所様に伝えます。

                       ※特許事務所様との打合せは、必要に応じて出願人様に同行することも可能です。(近畿圏の法人様のみ)

 

◆アドバイザーの方針

知財専門部門を有さない事業者様が、物作りや新技術を権利化されるにあたって、特許事務所様を介して出願されることが多いですが、

多数のご出願に関わらず、目的とされていたはずの活用可能な権利化(登録特許)に至らない場合が多々あります。

その多くが、商品や開発技術の肝心な部分を明確に捉えた内容に仕上がっていない、または先行技術との差別化が不完全なためであり、

それは事業所様のお考えが、特許事務所様にうまく伝わっていないことや、出願されたときの内容と実際の技術の権利化されたい部分が、

変化したこと(実際の技術が出願時の先行技術引例とは別の案件に近いものになったなど)に対応できないことなどが原因になっています。

 

弁理士の先生と言えども、ひとつの考えにはまり込むと別な視点で見ることが困難になります。

当方は、法人様と特許事務所様との間に入る第三者の立場であり、異なる視点で法人様の目的を達成するため努力いたします。

 

当方は、過去の知財部業務および特許権利化に関する技術アドバイザーの経験を基に、皆様のお役に立ちたいと願っています。

特許庁データベースでの先願調査は、日に数千件を超えるものを調査し、FI ・ Fターム ・ IPC分類も細かく検索調査を繰り返してきました。.

守秘義務厳守はもちろんのこと、特許事務所様と立場が違うため、出願人様の立場やお考えおよび発明を充分に理解したうえで、

先行技術との差別化、権利化に近づけるアドバイス、出願人様と特許事務所様の意思疎通の落差を埋めるお役に立てるかと思います。

御社にとって、外部知財部ブレーンとしてお役に立てることがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

業務範囲と価格について

 

 ・ 近畿圏の法人様・・・代理人のあるご出願は、出願前後の先行技術調査 ・ 中間処理アドバイスなど行います。

                (必要に応じて特許事務所へ出張同行可能・・別費用)

                調査およびアドバイス費用:通常1~2万円 お見積もりのうえ

 ・ 全国の法人様・・・・・代理人のあるご出願は、審査前の先行技術調査 ・ 中間処理アドバイスなど行います。

                調査およびアドバイス費用:通常1~2万円 お見積もりのうえ(近畿圏以外は特許事務所への出張同行不可)

 

 ※全てに共通して、願書作成の代行は行いません。当方は、権利化支援アドバイザーとして情報提供を行うのみです。

 ※法人様には、アドバイス範囲によって個別に秘密保持契約も含めた包括契約を締結の後、出願人様のご相談に応じる用意が有ります。

 ※ご依頼をお断りする場合がありますので、お申し込み時に発明の詳細はメール等に記載しないでください。

 

  

お気軽にお問い合わせください

特許権利化支援アドバイザー : 妹尾静一(せのお せいいち)

   メール連絡はこちらをクリックで  

   アドバイザーのプロフール

  連絡先: 〒636-0237 奈良県磯城郡田原本町小阪248-11  TEL:0744-32-8805