前に戻る

テーマ別調査報告を掲載しています

【調査対象】  調査をするきっかけとなった商品イメージ
【IPC分類】  調査対象でIPCを特定
【対象件数】  IPC分類を元に公報検索で得られた件数
【分類感想】  検索の結果に対する感想および調査対象の出願情報など
【その他情報】 調査によりまとめられた情報

公報の確認や閲覧をされる方は特許庁ホームページへ・・・
特許庁ホームページhttp://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl


【トイレットペーパーホルダー】

IPDL特許電子図書館利用

【調査対象】  片手で紙が切れるトイレットペーパーホルダー

【調査概要】 

要約+請求項:  式→トイレ×ホルダで調査

【IPC分類】

A47K=他に分類されない衛生設備;化粧室付属品
    10=身体乾燥用具;トイレットペーパー;そのための保持具
    10/16=紙タオル;トイレットペーパー;それらの保持具(18,22)
    10/24=紙タオル分配装置;トイレットペーパー分配装置(26,28,30,32,34,36,38)
A47K10/36はトイレットペーパー分配装置で切断する装置を有するもの

【対象件数】 (公開=平成5年1月以降;登録=平成6年1月以降)

第1回調査(2001/7)  実案112件,特許246件 (内 IPC=A47K10/36で実案82件,特許190件)
掲載前調査(2003/4) 実案112件,特許337件 (内 IPC=A47K10/36で実案82件,特許271件)

【例としての公報】(下図参照)

(上記公開公報出願図面より抽出)

カッター付き(押さえ,紙の通し方も関係)
 
▼実開平07-39692   
   ▼特開平H11-42179
 
10から出たペーパーは6のカッターで切断される
上押さえに開いたスリットからペーパーを出す

紙の通し方に工夫
 
▼特開2000-157444   
   ▼特開平H10-171
 
紙は下から回り込み板状の隙間を通して出す
IPC=A47K10/38(参考)
紙は前面のガイド部材の間を通る

切る動きが紙を押さえる
 
▼特開平H8-140888   
   ▼特開兵H7-171067
 
上カバーのスリットから紙を出し カバー先端部で紙を切る動作で カバーがロールを押さえて切断を容易にする
カバーに開いた窓から紙を出し 前面のカッターで紙を切る

滑り止め工夫
 
▼実開平07-36891   
   ▼特開平H9-173241
 
長四角が磁石で 上下で磁石にて紙を押さえる
カバーに付いている芳香剤が重りの役になる

紙の量や動きによって押さが働く
 
▼実開平06-77688   
   ▼特開平H7-284461  
紙を引き ロール幅が小さくなるとギアにて上抑えが下がり紙を押さえる
紙を引くとホルダー前面の板は上がり ホルダー中ほどの板が下がり紙を押さえる

トップへ