No.0161-0803 【商品化企業募集】
薬管理装置 

薬の飲み忘れや、飲み間違いをなくします!
病気を早く治すには、病院から出された薬を指示通りに、きちんと飲む事が大事です。私自身もここ数年持病の薬を飲んでいて、まずい経験(外出した時の飲み忘れや、飲み間違いをした事)をしたので、これらを防止する為に、簡単な用具で安く提供出来る様にと、考案しました。
特徴 
 どこの家庭にでも有る、既存の壁吊り下げ式の月捲りのカレンダー(写真の様に宣伝用に貰ったものや、好きなものを買った場合)の日付の下にメモ書き欄のある所を利用して、前面に吊り下げ設置するものです。
大きさに差異の有る新しいカレンダーを吊り下げる時には、組み立て装置(鉄製、アルミ製、樹脂製)のネジ止めを、使う人が調整して合わせます。
12回(12月分つまり1年間)はそのまま使えます。
 透明(薬の有無を確認するため)の薬容器は磁石利用の脱着式ですから簡単に扱えて、カレンダーの日付順に飲み、そして薬(錠剤)を補充(7個分まとめて入れても良いです)して移動させ、病気が治るまで順繰りに使います。外出する時は、この小さな薬容器だけを携帯して、必要な時に飲む事が出来ます。
薬容器は7個(一週間分)あれば充分で、一点支持の吊り下げ式ですからこの装置のバランスが取れます。一つ(1日分)の薬容器は磁石の無い面から朝、昼、夜用と3区分口です。
この写真の試作品は磁石利用の脱着式(鉄製)ですが、面ファスナー利用の脱着式(アルミ製でも可)や横板棒にみぞ接合式(樹脂製)も併せて出願し登録されました。
その他の利用方法
薬だけでなく多くの方が飲んでいるサプリメント入れや、幼児の数字(1から31まで)覚え遊び用具や、カレンダーの周りをほかの磁石付商品を使って自由に装飾することも出来ると思います。

企業家の皆様へ
これから団塊の世代が大量にリタイアして来ます。当人達は 日ごと緊張感が無くなり病院を利用する人が多くなると思われます。
よって需要が見込めるのではないでしようか。私はこの試作品を実際に使っていて大変便利です。よろしくお願い申し上げます。
  【連絡先】
考案者:紫垣 五十一 <実用新案登録済 技術評価書は請求中>
〒869-0402 熊本県宇土市笹原町32−3
0964-23-1958 

▼正面から見た写真
▼斜め右から見た写真
▼試作写真(1枚裏の部分)
▼試作の薬ケース