No.0142-1212 【権利販売】
ワンタッチ開封ダンボール
破断線を利用して、天板のみで、縦方向と横方向のカットを瞬時に行って開封できます
特徴 @両手でラクラク、ワンタッチ開封
       片手でラクラク、ワン、ツー開封
      A広い開口、取り出しやすい
      B廃棄の際もワンタッチ
効果 素早い開封により、作業時間の短縮と労力の軽減を実現し、大幅な作業効率アップを図ることができます

* カッター不要

*

従来のダンボール箱をそのまま使用して、その外フラップ、内フラップに破断線を付け加えるだけであり、その形、大きさが全く変わらないので、生産ライン、製造ラインの変更をする必要がない
* 開封の際、フラップ同士の糊付け部分はそのまま剥がさずに、破断線によって開封する
* 女性、子供でもサッと一気に手前に引くだけで、ラクに瞬間開封できる
* 空になったダンボール箱も、ワンタッチで平面状に廃棄処理できる
* ダンボールの中に品物が残っている場合、ふたをすることができる
* コピー用紙などの中身の詰まった箱でもワンタッチ開封できる

*

ライナーカットのあるダンボールにワンタッチ開封機能の破断線を付け加えても、縦方向と横方向のカットを互いに分断することなく行える(内フラップの破断線を調整)

○ 現在、御社において使用されているダンボ−ル箱の外フラップと内フラップに、このアイデアによる破断線を付け加えるだけで「ワンタッチ開封ダンボール」が出来上がります

適用製品
ビール、コーヒー、ジュースなどの飲み物関係、麺類や菓子類などの食料品関係、コピー用紙などの事務用品関係ほか、電気関係、薬品関係、製紙関係などのあらゆるタイプの糊付けダンボール箱に適用できます

このワンタッチ開封ダンボールをご検討いただける企業の方ご連絡ください

連絡先 <特許第3571713号>
発明者 :丸尾 章   
〒766-0004  香川県仲多度郡琴平町榎井421-6
TEL: 0877-58-8356
E-mail:kira-kurione@mx82.tiki.ne.jp